ベジパワープラスには様々な成分が含まれており、色々な健康効果があります。それぞれ使われている代表的な素材の成分がどういった効果をもっているか解説してみました。

 

 

『大麦若葉』『小麦若葉』『燕麦』

緑葉野菜であり高い栄養価だけでなく、高血圧、コレステロールの低下、癌の予防に効果があります。小麦若葉は血液を正常化するクロロフィルを多量に含んでおり、血液を正常化する作用があります。それに伴い貧血、冷え症などの改善が見込めます。ベジパワープラスの緑色を支える主成分です。

 

 

『アルファルファ』

ビタミンやカルシウム、リンといった栄養を豊富に含んでおり、ダイエット効果が見込めます。一般家庭でも栽培される事もあり、身近なダイエット食品として人気の緑葉野菜です。

 

 

『ケルプ』『ダルス』『スピルリナ』

ベジパワープラスの1/3を占める素材で、海藻にはヨウ素という成分が多く含まれており、この成分は甲状腺に集まるという特性があります。甲状腺ホルモンの分泌を促し、身体の成長を促進したり代謝機能を高めるなど成長する上で不可欠な成分となっています。

 

緑葉野菜に負けないくらいにミネラルも豊富な素材です。ダルスは赤色の海藻でベジパワープラスの緑色が濃いのは海藻成分によるものです。

 

 

『ウチワサボテン』『ユッカ』『アロエ』

多肉植物はムコ多糖体という成分を多量に含んでいます。ムコ多糖体は高い保湿力があり胃酸の出過ぎや、胃腸の粘膜を保護してくる働きがあります。また、老化対策と癌を抑制する効果に優れています。

 

 

ベジパワープラスにはこれら以外にも様々な素材が使われていますが、主成分はこれら緑葉野菜・海藻・多肉植物の3種類となっています。





カテゴリー : ベジパワープラスの詳細情報