ベジパワープラスと青汁、同じ健康飲料に見えますがそこには明確な違いがあります。一見すると同じように見えるベジパワープラスと青汁の違いを説明したいと思います。

 

青汁とは緑葉野菜を絞った汁の事であり、ケール・大麦若葉・明日葉・よもぎ・緑茶・ゴーヤ・桑の葉といった種類は多くありますが、基本的には特定の緑葉野菜1つから複数を絞ったものとなります。

 

ベジパワープラスは青汁に使われる緑葉野菜に加え、海藻・多肉植物とさらに多くの隠し味が入れられている事が青汁との違いとなります。

 

青汁のような単一の緑葉野菜を絞ったものは単一の効果を効率良く得る事ができますが、それ以外の効果を得る事はできません。逆にベジパワープラスであれば複数の効果を同時に得る事ができるので色々な悩みが一度に解決できるのです。

 

ベジパワープラスに使われる海藻はミネラルが豊富に含まれており、アロエなどの多肉植物も古くから健康に良いとされ、どちらも日本人にとっては馴染みの深いものとなっています。

 

ベジパワープラスは一度に多くの栄養をとれるようになっていますし、栄養だけでなく飲みやすさも考慮されていて、まずい事で有名な青汁と比べてだいぶ飲みやすいように仕上げられているので、栄養が必要な子供も飲みやすくなっています。

 

青汁は単一の栄養と効果を効率よく摂取できるという利点があり、ベジパワープラスは複数の栄養と効果を摂取できるというのが違いとなります。どちらも良いところがあるので、健康状態によって使い分けると良いと思います。





カテゴリー : ベジパワープラスの詳細情報